王子神谷の「王子つばさ整骨院」|柔道整復〜マッサージまで、土・日・祝日も営業!

王子つばさ整骨院
王子神谷駅の整骨院「王子つばさ整骨院」|交通事故治療、肩こり、腰痛でお困りなら当院へ!|ブログ

Blog

ブログ
体の豆知識2018/08/28

肩峰下滑液包炎について

今回は「肩峰下滑液包炎」について解説致します。
 
「肩峰下滑液包炎」は分かり易く言うと、肩の肩峰下という場所にある滑液包で炎症を起こして、腕を動かした際に痛みが出る状態です。
では、細かくかみ砕いて説明しますね。

滑液包とは、摩擦の起きやすい場所にあるクッションだと思って下さい。衝撃を吸収する役割があります。
なので肩にしか無いわけではなく、全身の関節周辺で摩擦の起きやすい部位にたくさん点在しております。
特に炎症を起こしやすい場所として、肩の肩峰下や、膝の膝蓋周辺、アキレス腱周辺が多いです。

滑液包炎は衝撃を吸収する滑液包に繰り返し負担がかかり過ぎ、負傷した結果動作に対して痛みが出てしまっている状態です。
腱鞘炎と原理は似ております。運動や日常生活での繰り返し動作が原因であることが多く、お客様ご自身に痛めた理由がわからないことが多いです。
その為、よく検査しても原因不明になりがちですね。

しかし、原因は必ずあります。大半のお客様は日常生活で普通に過ごしている中で原因を作っています。
また、原因は1つだけでなく複数ある場合が多いです。その為、お客様は原因を思い出せないわけですね。
王子つばさ整骨院では、カウンセリングを最重要視しておりますので、よく分からない痛みは大歓迎です。
お客様のライフスタイルは多種多様ですので、症状は同じであっても原因は違うことが多いです。

なぜ原因にこだわっているかと言うと、繰り返し動作が原因の症状全般は治っても再発率が高いのです。
痛みが強い時は、お客様ご自身で負担をかける量を注意する為、症状が引いたりします。しかし、原因が分かっていないわけですので、
痛みが軽減すればまた原因となることをしますよね。日常生活にありふれた動作が原因なわけですから。
その結果、再発するわけです。しかも、長い期間それを繰り返せば慢性化し厄介になります。

痛みが比較的軽減している時こそ注意が必要で、次に起こる可能性のある痛みを出さないようにしていくことが重要です。
なので、その方にとっての原因を追究することはお客様のためにも、施術のためにも重要だと考えております。

肩峰下滑液包炎は、症状が出ると腕を上げた際に痛みが出現します。この点に於いては、筋肉の炎症と似ております。
しかし、施術に於いては繰り返しの摩擦が原因ですので、動かしての施術では悪化してしまいます。
新たな摩擦が起きないようにしないと、滑液包の損傷部位が回復する暇がありません。

施術は慢性化してからでは改善が難しくなってきますので、早い段階でのご相談をお待ちしております。
繰り返しになりますが王子つばさ整骨院では、カウンセリングも施術同様重要視しておりますので、ぜひお気軽に御相談下さい。
王子つばさ整骨院スタッフ一同お待ち申し上げております。
一覧へ戻る